池袋支店Home » セミナー情報 » 「2019年度 経営者塾(第4講)」を開催しました

セミナー情報

「2019年度 経営者塾(第4講)」を開催しました

2019年11月22日

事業承継のために必要な経営力をともに学び、皆様方との結束をさらに 図ることを目的とした
「2019年度 経営者塾(第4講)」を開催いたしました。

今回は「サイバーセキュリティの最新脅威動向と対策」というテーマで、富士ゼロックス株式会社
ソリューションサービス推進部の岡田さんにご講義いただきました。

セミナーでは
・今現在、サイバー空間上で行われている攻撃の様子(https://cybermap.kaspersky.com/ja/
・埼玉県の中小企業が受けているサイバー攻撃の件数
・実際の被害事例、損失例
・ランサムウェアの感染動画、BECによる攻撃動画

など、衝撃的な動画を観たり、具体的数値などを聞くことによって、身近に迫っている危機を感じました。

最新のセキュリティ脅威としては、次の3つの攻撃手法を解説いただきました。
・ランサムウェア・・・・・・・・・・ビットコインで身代金を要求。最大のリスクはLAN感染による「事業停止」。
・クリプトジャック・・・・・・・・仮想通貨を悪用。ネットワーク内を徘徊し、企業のPC/SVリソースを無断盗用。
・BEC/ファイルレス・・・・偽メールの添付ファイル。実際にファイルは存在せず、ウイルススキャンの検知対象外。

関係先とやりとりしているメールの返信を装った攻撃は、プロでも見破ることが困難なので、お手上げ状態ですが
最低限のセキュリティ対策を講じることは、今の社会で必要不可欠です。

ウイルス感染によって、何日間も事業停止に追い込まれた企業が数多く存在します。
また、気づかないうちにPCが乗っ取られ、大切なデータやお客様情報が盗まれているかもしれません。

残念ながら、完璧な対策は存在しませんが
『ワンクリックで倒産の危機に陥る』
という言葉を肝に銘じて、リスク低減に取り組むことが大切ですね。

今年度の経営者塾はこれが最後となります。
次回は2020年5月頃を予定しております。


【研修概要】
実施日 2019/11/21(木) 18:00~19:30
実施場所 IKE・Bizとしま産業振興プラザ
受講者 14名
研修内容 「国税局HPリニューアルのご紹介」
「サイバーセキュリティの最新脅威動向と対策」
  (講師:富士ゼロックス株式会社 岡田琢央様)
受講者の声 サイバー攻撃の最新情報と現状について学び、いかに対策が必要か理解できた。
危機意識を持って、環境整備に取り組んでいきたい。

他事業所案内