池袋支店Home » セミナー情報 » 「第11回経営者塾(第1講)」を開催しました

セミナー情報

「第11回経営者塾(第1講)」を開催しました

2018年05月25日

事業承継のために必要な経営力をともに学び、皆様方との結束をさらに 図ることを目的とした
「第11回経営者塾(第1講)」を開催いたしました。
今回は、司法書士の先生から「家族信託」についてご講義いただきました。

最近、テレビで取り上げられることも多い「家族信託」とは、認知症対策として注目を集めている
財産管理の手法の一つです。

 
・認知症になると、意思能力(判断能力)が必要とされる手続きや法律行為ができなくなる!
→例えば、不動産の売却や遺産分割、預金の管理や登記の申請など
・従来の成年後見制度はデメリットが多く、トラブル続出!
→相続税対策ができない・後見人への報酬が発生する・途中で辞めることが難しい、など
・「家族信託」は信頼する家族に財産を託すことができ、他人に関与されない自由な制度!
→不動産管理・サプライズプレゼント・遺言の書き換え防止・株式買取 なども可能

 

事例を交え、家族信託の様々な活用法を教えていただきました。
個人の相続のみならず、会社経営者にとっても有益な情報を多く得ることができたと思います。
これを機に、制度の理解を深めていきたいです。

経営者塾は、今後も継続して開催予定ですので、皆様ふるってご参加ください。

【次回開催予定:6/21(木)】

司法書士法人トリニティグループHP
https://www.trinity-group.jp/

DSC02252DSC02251


【研修概要】
実施日 2018/05/23(水) 18:00~20:20
実施場所 IKE・Biz としま産業振興プラザ
受講者 10名
研修内容 「平成30年度 税制改正について」
「家族信託について」
(講師:司法書士法人トリニティグループ 司法書士 水上和巳さん)

懇親会
受講者の声 ・成年後見制度と家族信託についての違いを理解することができた
・家族信託は事業承継対策にも有効なことが分かった

他事業所案内

対応地域